キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

新着情報

◆2014/05/14
運営者情報の情報を更新しました。
◆2013/09/27
検診による議論の情報を更新しました。
◆2013/09/27
イミダゾールジペプチドで習慣改善の情報を更新しました。

検診による議論

近年、乳がんにおいては、検査方法に様々な議論が上がっている背景がある様です。
主に30代女性から高齢になるにつれ危険な為、多くの国では定期的な健診を目指しています。

検診は大きく分けて2つあり、胸部自己診断方法とマンモグラフィーです。
胸部自己診断方法は自身により、乳房を注意深く触って小石のような硬いしこりの有無を調べる事です。
乳腺が張っていると、分かりにくいので生理がはじまって、3~4日後が理想の様です。
この方法は、乳がん撲滅として世界各国で積極的に取り組まれており、多くの切手が発行さるほど有名だそうです。

マンモグラフィーは軟X線により乳房を撮影し、異常がないか確認される検査です。
いくつかの先進国では、壮老年女性の全員を対象とし、毎年検診が実施され、早期発見に効果を上げている様です。
しかし、その背景で10倍以上の乳癌ではない女性が、精密検査へと回り生検を受けているそうです。
針生検では乳房から組織を取る為に針を刺します。
この事から2009年アメリカの予防医学会が、40代の定期的なX線の検診は推奨しないと発表し議論となったのです。
よって、セカンドオピニオンをオーダーする検診も進められている様です。

さらに、通信販売業界では、自宅で調べる簡易検査薬などもあるそうですが、議論は絶えそうにないです。

▲PAGE TOP